かんたん資料検索

キーワードを入力してください

 

音声読み上げ・文字拡大

               









 

 

十返舎一九について

十返舎 一九 じっぺんしゃ いっく (1765~1831)

江戸後期の戯作者。本名は重田貞一(しげた さだかず)
駿府の六十人同心の家に生まれ、大坂へ行き浄瑠璃の脚本を書いていたが、後に江戸へでる。
1802年滑稽本「膝栗毛」を刊行、好評を博し、文名を確立した。